コインランドリーとクリーニングの違いは?それぞれの特徴を解説

コインランドリーとクリーニングは、どちらも衣類をメンテナンスする際に利用するサービスですが、それぞれ特徴や費用に違いがあります。
ニーズに合わせて上手に使い分けられるよう、コインランドリーとクリーニングのメリットや、大まかな費用の相場をチェックしておきましょう。
今回は、コインランドリーとクリーニングの特徴や、それぞれの費用相場、コインランドリーで洗える意外なものなどをまとめて解説します。

早くて安い!コインランドリーの3つのメリット

衣類のメンテナンスにコインランドリーを利用すると、主に3つのメリットがあります。

1.リーズナブルな費用で利用できる

コインランドリーの最大のメリットは、利用料金が安いところです。

おおよその費用相場は後述しますが、場合によってはクリーニングの半額以下で利用できるケースもあり、衣類のメンテナンスにかけるコストを節約することができます。

実際、全国の男女を対象に実施された「クリーニングとコインランドリーに関する意識調査」でも、半数以上の人がコインランドリーのメリットに「料金が安い」ことを挙げており、気軽に利用できるサービスとして人気を集めています。[※注1]

[※注1]:ヨシハラ「クリーニングとコインランドリーに関する意識調査」
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000021.000014169.html

2.仕上がるまでの時間が早い

クリーニングが仕上がるまでの時間は、衣類の種類によって異なりますが、最短でも1~2日間程度の時間を要します。
一方、コインランドリーは1回あたりの洗濯・乾燥に1時間程度しかかからないので、たまった洗濯物もすぐ片付けられるところが魅力です。

3.営業時間が長い

クリーニング店の営業時間は店舗によって異なりますが、午前9時に開店し、18時に閉店するところが多いようです。
平日日中に働いている方はちょうど就業時間に当たるため、出勤前や退勤後に向かっても、営業時間に間に合わないことも。

その点、コインランドリーは、早朝(6時頃)~深夜(23時頃)まで、長時間営業しているところが多く見られます。
24時間営業している店舗も少なくなく、自分の都合に合わせて便利に利用できます。

プロの仕上がり!クリーニングの3つのメリット

クリーニング店に衣類のメンテナンスを依頼した場合のメリットを3つご紹介します。

1.仕上がりがきれい

クリーニングの強みは、何といっても衣類がきれいに仕上がることです。
石油から作られた溶剤を使用するドライクリーニングをおこなっているため、縮みや型崩れ、色落ちなどのリスクが少なく、汚れだけを上手に落とすことができます。

また、同じ油溶性の汚れの洗浄に長けており、一般的な洗濯機では落としきれない皮脂汚れや油染みなども取り除いてくれます。

2.コインランドリーで洗えないものにも対応できる

コインランドリーは水で洗浄するので、水洗い不可の衣類を洗濯することはできません。
クリーニング店なら、デリケートな衣類もドライクリーニングで優しく洗浄してくれるので、水洗いできない衣類も手軽にメンテナンスできます。

3.アイロン仕上げしてくれる

コインランドリーの場合、洗濯・乾燥した後の衣類は自分でアイロンを掛ける必要があります。
クリーニングなら、プロが業務用アイロンを使って丁寧にプレスしてくれるので、自宅でアイロンを掛ける手間ひまを省けます。

コインランドリーとクリーニングの費用相場

コインランドリーの利用料金は、使用する洗濯機の容量によって異なります。 水洗いが可能で、かつコインランドリーの容量に収まるものであれば、毛布や布団、シーツ、カーペット、カーテンといった大型の洗濯物も洗うことが可能です。

大型の洗濯物はコンパクトに畳み、ネットなどに収納すると、洗濯機へスムーズにセットできます。
洗濯と乾燥がセットで、シングルサイズの毛布であれば、800円、布団は1,000円、カーペットは1,200円、こたつの掛け布団・敷き布団セットで1,800円がおおよその相場となっています。
一方、クリーニングの場合はシングル毛布が1,000円〜。カーペットは2,600円〜、布団は3,700円〜、こたつの掛け布団・敷き布団セットで5,000円〜が相場です。
毛布以外はクリーニングの方が、高い相場になっています。

ほかには一部の店舗で、スニーカーなどのシューズを洗濯できる「スニーカーランドリー」が設置されています。
洗濯機に入れて回すだけで、泥だらけのスニーカーでもきれいに洗浄できるので、自宅でこすり洗いする手間を省けます。

ただし、合皮やレザー素材の靴を洗うと素材が傷んでしまう可能性があるので注意が必要です。

コインランドリーとクリーニングは上手に使い分けるのがポイント

コインランドリーとクリーニングには、それぞれに特徴・メリットがありますので、一概にどちらがおすすめと言い切ることはできません。
水洗いできないものや、仕上がりを重視する場合はクリーニングを。

早く、安く仕上げたいときはコインランドリーを使用するなど、ニーズや衣類の種類などに合わせて上手に使い分ければ、より賢く衣類をお手入れすることができるでしょう。

新着記事

コインランドリーの電気代はどのくらい?削減方法を解説

コインランドリー経営をしようと思った際に、気になることの一つに毎月の電気代があげられます。洗濯機や乾燥機、エアコン、暖房…

コインランドリーの人件費はかからない?おすすめの経営方法を解説

コインランドリー経営は人件費が掛からず、少ない手間で稼げる副業として注目を集めています。しかし、今の時代にコインランドリ…

オーナー必見!コインランドリーのセキュリティ対策を解説

近年おしゃれなコインランドリーも増え、コインランドリーは人々の生活を支える場所としての需要が高まっています。…

関連記事

コインランドリーの電気代はどのくらい?削減方法を解説

コインランドリー経営をしようと思った際に、気になることの一つに毎月の電気代があげられます。洗濯機や乾燥機、エアコン、暖房…

コインランドリーの人件費はかからない?おすすめの経営方法を解説

コインランドリー経営は人件費が掛からず、少ない手間で稼げる副業として注目を集めています。しかし、今の時代にコインランドリ…

オーナー必見!コインランドリーのセキュリティ対策を解説

近年おしゃれなコインランドリーも増え、コインランドリーは人々の生活を支える場所としての需要が高まっています。…

PAGE TOP