コインランドリーの売上を上げたい!効果的なポイントを説明します

コインランドリー経営の特徴は、無人経営ができることです。働き手を確保する必要がなく、人件費もかからないビジネスとして近年大きな注目を集めています。比較的狭いスペースでも、手軽にビジネスを立ち上げられる点も魅力です。
一方、「経営をはじめてみたものの、思うように売上が伸びない」と悩んでいる人もいるでしょう。この記事では、コインランドリー経営ならではの特色や売上アップに役立つポイントについて解説します。ビジネスの利益率を上げるための参考にしてください。

機器や店舗の清掃・管理の徹底

コインランドリーに求められるもっとも重要なポイントは、洗濯物の汚れがしっかり落ちることです。機器の清掃や管理を徹底して、顧客が満足できる良質のサービスを提供しましょう。

清潔感も重要なポイントの一つです。汚れを落とす場所であるはずのコインランドリーが不衛生であれば、顧客が離れてしまう可能性があります。ランドリー機器の内外はもちろんのこと、たたみ台やイス、ドアノブなどにも気を配りましょう。清潔な店舗は顧客の信頼獲得に欠かせない要素です。

ランドリー機器の保守点検もおろそかにできません。コインランドリーは利用単価が低いため、機器が1つ停止すると重大な機会損失を招き、利益率に大きな影響を与えます。ランドリー機器をコンスタントに稼働させることが、コインランドリー経営の成否を分けるポイントです。故障はできるだけ早く検知して、すみやかに修理しましょう。

効果的なキャンペーンで顧客獲得

利用客が少ないタイミングを狙ったキャンペーンは、機器の稼働率をアップするうえで有効です。たとえば、利用客が乾燥機だけに集中しやすい梅雨の時期に、それ以外の機器をお得に使えるキャンペーンを展開するといったイメージです。新たなリピーターの獲得につながれば、売上アップが見込めます。

コインランドリーには通常季節による繁忙期と閑散期があり、1日のうちにも利用者が多い時間帯と少ない時間帯が存在します。一般的に、ファミリー層の多い地域では午前中や夕方に利用者が集中し、学生や単身者が多いエリアでは夜間の利用が多くなるケースがあります。店舗周辺の環境によってもニーズは変わるため、利用状況を見極めて効果的なキャンペーンを実施することが大切です。時間や季節を問わず、常に顧客がいる店舗を目指しましょう。

ポイントカードの導入

ポイントカードは今後のコインランドリー経営になくてはならない販促ツールです。ポイントを生活に役立てる”ポイ活”は、もはや珍しいものではなくなりました。ポイントがたまらない店舗よりもポイントがたまる店舗のほうがお得ですから、リピーターを増やすうえでも効果的です。

ポイントカードの主な導入方法には、昔ながらの紙製ポイントカードを使う方法やICカードシステムを構築する方法などがあります。紙製のポイントカードは、個人経営の店舗でも容易に導入できる点が魅力ですが、利便性は低めです。ICカードの種類には、購入価格にポイント分が含まれているプリペイド型カードや、利用のたびにポイントがたまるICカードなどがあります。

キャッシュレスでさらに便利に

かつてコインランドリーといえば「コインで利用するサービス」というイメージでしたが、急速にキャッシュレス化が進んでいます。コインランドリー業界でもっとも広く普及しているキャッシュレスサービスは、交通系・流通系の電子マネーやクレジットカードです。カードがあれば現金を持ち歩く必要がなく、ポイントもたまるため、利用客にとっては魅力です。

一方、スマホ決済ができるシステムも登場しています。専用パネルに表示される2次元コードを読み取るだけで決済ができるというもので、ICカードやクレジットカードを持つ必要すらなくなります。コインランドリーは無人経営が基本となるため、店舗に現金を置くのはリスキーです。現金を使わないキャッシュレス決済は防犯対策としても有益でしょう。

居心地のよい空間づくり

コインランドリーの利用客は、学生や単身者のみに留まらず、女性や子育て世帯のあいだにも増えています。今後のコインランドリー経営では、こうした利用客にとっても居心地のよい店舗を目指す必要があります。

地域住民のニーズにあわせて、機器の数を調整したり、車を止めやすい駐車場や喫茶コーナー、キッズスペースなどを整備したりすることも検討しましょう。

明るく気持ちよい空気

コインランドリーは基本的に無人経営となるため、店内が暗くて内部の様子がわからないと利用客は安心して入店できません。新規利用者やリピーターを遠ざけてしまう結果になりかねないため、店内を明るくすることは基本中の基本です。「外装にガラスを多用する」「内装は白を基調としたカラーリングにする」といった方法も効果的です。物陰を作らないことは防犯上重要なポイントになります。

コインランドリーの店内は、ランドリー機器の影響で湿度や温度が上がりやすく、洗剤などのにおいが充満するケースも少なくありません。空調や消臭アイテムの活用、適切な換気などによって、気持ちのよい空間を維持できるよう配慮しましょう。その場にいなければ気がつかない問題もあるため、実際に足を運んで店内の状況を確認することが大切です。

無機質なイメージを減らす

無機質な印象になりやすいコインランドリーでは、できるだけ人の手による”おもてなし感”を演出することで他店との差別化を図りやすくなります。「手作りのポスターやポップを掲示する」「リラックス効果が期待できる鉢植えや観葉植物を置く」といった方法も有効です。

いたずらや盗難を防止する目的で店内に「〇〇禁止」「××するな」といった張り紙を多用しすぎると、店舗の印象を下げるおそれがあります。ささいなことからリピーターを失ってしまうことのないよう、利用者の目線に立ったサービスを心がけましょう。

コインランドリーは無人経営が可能ですが、まったく手間をかけなくても利益が出るというものではありません。開店後は「店舗を育てていく」という意識を持ちましょう。定期的にチラシを配るなどして新規顧客の開拓に取り組むことも大切です。

あたたかな心遣い

無人が基本のコインランドリー経営では、利用者に直接オーナーの気持ちや人柄を伝えることが難しいため、清掃や巡回などの機会を利用して最大限の心遣いを示しましょう。忘れ物を丁寧に取り扱うことや明るくハッキリとしたあいさつをすることも重要なポイントです。「洗濯物の汚れ落ちが悪い」「洗濯物が盗まれた」といったクレームが来た場合は誠実に向き合い、解決につなげることが求められます。

SNSなどを通じて店舗の評価や口コミがまたたく間に拡散される時代です。一人ひとりの利用客にあたたかな心遣いを示すことが店舗への信頼につながり、ひいては顧客獲得につながります。利用者のニーズを的確に把握して、「かゆいところに手が届く」サービスを提供しましょう。

顧客目線で売上アップ

コインランドリーの売上をあげるポイントは、ランドリー機器をコンスタントに利用してもらうことです。「利用客の多くが地域住人」という特色を持つコインランドリー経営では、リピーターを獲得できないとなかなか売上アップにつながりません。店舗利用者の目線に立った便利で快適なサービスを提供することが、売上アップの近道です。

「忙しくて店舗管理の時間が取れない」という人は、フランチャイズを利用することも検討しましょう。清掃や巡回などの店舗管理は、フランチャイズ企業に一任できます。経営サポートや遠隔での機器メンテナンス、店内監視サービスなどを提供してくれる企業であれば、より安心です。

新着記事

コインランドリー経営の利益は?稼働率や利回り例を紹介!

271古市店_中

コインランドリー経営を検討している人がもっとも気になるポイントは、「どのくらいの利益が見込めるのか」ということではないで…

コインランドリーの売上を上げたい!効果的なポイントを説明します

342西保木間店_外観

コインランドリー経営の特徴は、無人経営ができることです。働き手を確保する必要がなく、人件費もかからないビジネスとして近年…

コインランドリーの開業に必要な初期投資はいくら?

241_欠真間店_外観

コインランドリー経営は、働く女性や核家族化の増加に伴って需要が伸びている注目のビジネスです。無人経営が可能で人件費が…

関連記事

コインランドリー経営の利益は?稼働率や利回り例を紹介!

271古市店_中

コインランドリー経営を検討している人がもっとも気になるポイントは、「どのくらいの利益が見込めるのか」ということではないで…

コインランドリーの売上を上げたい!効果的なポイントを説明します

342西保木間店_外観

コインランドリー経営の特徴は、無人経営ができることです。働き手を確保する必要がなく、人件費もかからないビジネスとして近年…

コインランドリーの開業に必要な初期投資はいくら?

241_欠真間店_外観

コインランドリー経営は、働く女性や核家族化の増加に伴って需要が伸びている注目のビジネスです。無人経営が可能で人件費が…

PAGE TOP