コインランドリーの電気代はどのくらい?削減方法を解説

コインランドリー経営をしようと思った際に、気になることの一つに毎月の電気代があげられます。洗濯機や乾燥機、エアコン、暖房、さらに照明などに多くの電力が必要となります。本記事ではコインランドリーの電気代や削減方法を紹介します。


コインランドリーの経営を考えている方であれば、どのように経費を削減するかに興味があることでしょう。

とくにコインランドリーでは多くの電力を使うので、電気代の削減方法について知っておくことは重要です。
主開閉器契約への切り替えや電子ブレーカーの導入、プランの見直しなどによって、毎月の電気代を削減することが可能です。

当記事では、コインランドリーの電気代や削減方法を詳しく解説します。

コインランドリー経営にかかる電気代の内訳

コインランドリーでは、主にガス代、電気代、水道代などのランニングコストがかかります。

電気代に関してはコインランドリーの規模にもよりますが、毎月5万円前後のところが多く、かなりの出費となっていることがわかります。
コインランドリーのなかで電気代がかかる3つの場所について見ていきましょう。

1.洗濯機や乾燥機

コインランドリーの要ともいえる洗濯機や乾燥機を稼働させるのに電気はどうしても必要です。
ただし、洗濯機や乾燥機が複数台あるとしても、すべてが一斉に稼働することはほとんどありません。

時期によっては稼働率が非常に低い場合もあります。
その点を考慮して、電気代の節約方法を検討する必要があるでしょう。

2.店舗内のエアコン

コインランドリーでは、店舗内のエアコンにも電気を使います。
24時間営業のコインランドリーの場合、かなりの電気を使うことが予想できるでしょう。

コインランドリーを気持ちよく利用してもらうために、夏はエアコン、冬は暖房を稼働させる必要があります。

3.照明

コインランドリーの集客にとって重要な別のポイントは照明です。
照明が暗ければ、コインランドリーが利用されにくくなることはいうまでもありません。

夜でも目立つような照明を使って集客する場合、電気代が高額になることもあります。
24時間営業のコインランドリーであれば、毎月の負担もかなり大きくなるでしょう。

電気代を削減する3つの方法

コインランドリーの電気代を少しでも節約するために、できることがいくつかあります。
電気代の削減は利益の増加に直結します。

電気代を節減する3つの方法をご紹介しましょう。

1.主開閉器契約に切り替える

コインランドリーの電気代を節約するための1つの方法は、主開閉器契約に切り替えることです。
電気の契約には、負荷設備契約と主開閉器契約という2つの種類があります。

負荷設備契約とは、設置されている機器の設備容量の合計で契約電力を算出する方法です。
一方主開閉器契約とは、メインブレーカーの容量で契約電力を算出します。

もし設置されている機器がすべてフル稼働しているのであれば、契約容量を無駄なく使える負荷設備契約の方がお得です。

しかしコインランドリーは、いつもすべての洗濯機や乾燥機が稼働しているわけではありません。
時間帯や天候によっては、洗濯機も乾燥機もまったく稼働していないこともあります。

そのような状態で負荷設備契約を結んでいると、設備容量を有効に使えず無駄に電気代を支払うことになるかもしれません。
適切なブレーカー容量を把握し、主開閉器契約に切り替えることで、無駄に電気代を支払わずに済みます。

ただし、ブレーカー容量が小さすぎるとブレーカーが落ちてしまう恐れがあるので注意が必要です。

2.電子ブレーカーを使う

コインランドリーの電気代を削減するための2つめの方法が電子ブレーカーです。
電子ブレーカーとは、電気代の基本料金を下げるために用いられる機器です。

電子ブレーカーを使うと、適切な契約容量を把握して基本料金を削減することが可能となります。
電子ブレーカーは一般的なブレーカーと異なり、一定の範囲内で電流値が超過しても電気を遮断することがないので、コインランドリーの運営に最低限必要な電力を知るのに役立ちます。

3.プランの見直し

電気代を削減できる3つめの方法はプランの見直しです。
以前は電気の使用が特定の電力会社との契約のみに限られていましたが、現在では自由化によって複数の会社との交渉が可能となりました。

見直すことで、今までよりも電気代を削減することができるかもしれません。

コインランドリーの電気代の削減で大きな効果が期待できる

コインランドリーの電気代の削減はそれほど難しいわけではありません。
すでにコインランドリーを経営していて、電気代に悩んでいる方も契約内容やプランの見直し、変更によって、電気代を効果的に削減することが可能です。

コインランドリーのランニングコストは電気代、ガス代、水道代が必ず必要になります。しかも使用されればされるほど、増えてしまうもの。これらの削減によってかなり大きな効果を体感でき、より大きな利益を得られるでしょう。

新着記事

コインランドリーの電気代はどのくらい?削減方法を解説

コインランドリー経営をしようと思った際に、気になることの一つに毎月の電気代があげられます。洗濯機や乾燥機、エアコン、暖房…

コインランドリーの人件費はかからない?おすすめの経営方法を解説

コインランドリー経営は人件費が掛からず、少ない手間で稼げる副業として注目を集めています。しかし、今の時代にコインランドリ…

オーナー必見!コインランドリーのセキュリティ対策を解説

近年おしゃれなコインランドリーも増え、コインランドリーは人々の生活を支える場所としての需要が高まっています。…

関連記事

コインランドリーの電気代はどのくらい?削減方法を解説

コインランドリー経営をしようと思った際に、気になることの一つに毎月の電気代があげられます。洗濯機や乾燥機、エアコン、暖房…

コインランドリーの人件費はかからない?おすすめの経営方法を解説

コインランドリー経営は人件費が掛からず、少ない手間で稼げる副業として注目を集めています。しかし、今の時代にコインランドリ…

オーナー必見!コインランドリーのセキュリティ対策を解説

近年おしゃれなコインランドリーも増え、コインランドリーは人々の生活を支える場所としての需要が高まっています。…

PAGE TOP