コインランドリー経営が注目されている理由とは

近年、コインランドリー経営に興味を持つ人は増えているのではないでしょうか。

今や洗濯機の世帯普及率は100%に近く、自宅に洗濯機があるのは当たり前となっています。しかし、コインランドリーを利用する人は依然多くいます。

継続的なニーズのあるコインランドリーは、事業として安定感があり、工夫次第で大きく売上を伸ばすことも可能な業態です。

この記事ではコインランドリー経営が注目されている理由と、どんな人がコインランドリーを利用しているのかをご紹介します。

コインランドリー経営が注目されている理由

まずはコインランドリー経営が注目されている理由を5つ、ご紹介していきます。

利回りがよいため

1つ目は、利回りがいい点です。一般的にコインランドリー経営は約15%の利回りを得られるといわれています。利回りは投資額に対する収益額の割合のことです。

利回りで経営していくものは不動産などが代表例ですが、アパート・マンション経営は約6%から10%が相場です。アパート・マンション経営と比較してもコインランドリー経営は高い利回りが期待できるといえるでしょう。コインランドリーは立地が最も重要といえます。

コインランドリーに最適な立地をみつけることができれば、20%近い利回りも実現できる可能性があります。

人件費がかからないため

2つ目は、コインランドリー経営は人件費がかからない、あるいは最小限に抑えられる点です。

コインランドリーは機械設備のみで、そもそも無人が基本です。コンビニのオーナー経営のように人を雇う必要がないため、採用にともなうコストや人件費は一切かかりません。

その代わり定期的に掃除をする必要はありますが、清潔に保っていれば問題は生じないでしょう。また、不動産のように入居者募集する際の掲載費などの手数料は発生しません。

不動産は経年劣化で修繕や、トラブルがあった際に対応を依頼する管理会社との契約などが必要になります。退去などで人が入居していない時期は収入がなくなることもあります。コインランドリー経営は、そういった手間がかからない点が魅力ですね。

狭い土地でも出店できるため

3つ目が狭い土地でも出店できることです。

洗濯機や乾燥機などの機械と、洗濯を待っている間のスペースがあればコインランドリーは成り立ちます。目安として10坪の土地があれば出店が可能です。土地探しの際に候補が見つかりやすいと思います。

多くの住民が住んでいる地域であれば、より多くの集客が見込めるでしょう。

節税効果があるため

4つ目は節税効果があることです。コインランドリー経営は相続税を低く抑えることができる小規模住宅地などの特例を受けられます。小規模宅地の特例を活用しない手はありません。

コインランドリー経営においては、400平米までの部分について80%もの減額が可能です。大幅な節税ができる点が注目されている理由の一つです。

リピートしてもらいやすくなるため

5つ目がリピーターを増やしやすいことです。コインランドリーは通いやすさが重要であり、自宅近くに通いやすいコインランドリーを見つけたユーザーは、店舗に問題がなければ継続利用がしてくれることが多いです。

リピーターを増やすことによって、継続的な収入が見込めます。広告や季節ごとのキャンペーンによって新規の集客を図ることも可能です。

どうしてコインランドリーを利用する人たちがいるのか

洗濯機の世帯普及率が高いにもかかわらず、なぜコインランドリーを利用する人がいるのでしょうか。ここでは、コインランドリーを利用する理由をご紹介します。

まとめて洗えるため

コインランドリーは、洗濯物をまとめて洗うことができます。自宅に洗濯機がある方でも、自宅の洗濯機は一度に洗える量は限られているでしょう。

一般的な家庭用洗濯機で一度に洗濯できる量はおよそ7kgから10kgほどですが、コインランドリーの大型洗濯機は最大で32kgもの量を一度に洗濯することが可能です。

自宅の洗濯機では一度に洗えずに時間がかかるものでも、まとめて洗うことができ時短になります。仕事などで洗濯物を溜めてしまう方や家族の多い方、運動部のお子さんのいるご家庭などにとって非常に便利です。

乾燥機も使えるため

コインランドリーの洗濯機には乾燥機がついているものが多いです。

内閣府の2022年3月の消費動向調査によると、自宅に洗濯機と乾燥機があるご家庭は約半数で、乾燥機が自宅にない方は一定数いることがわかっています。

部屋干しの場合、なかなか乾かなかったり、生乾きのにおいが気になったりすることもあるでしょう。とくに梅雨の時期や雨が数日間続くときなどには、コインランドリーで洗濯から乾燥までを済ませてしまうとラクです。

ご家庭に乾燥機がないユーザーにとって、洗濯と乾燥が一緒にできるコインランドリーは使い勝手のよい存在となります。

アレルギー対策になるため

コインランドリーはアレルギー対策にもなります。

洗濯物を外に干すと、花粉などのアレルギー物質がせっかく洗濯した衣服に付着し、そのまま室内に取り込んでしまうとアレルギーの原因となることもあります。

また、乾燥をすることによってカビやダニを死滅させることができるため、ハウスダスト対策にも効果的です。

時間を気にせず利用できるため

コインランドリーは、たとえ深夜であっても時間を気にせずに利用できます。

自宅では深夜に洗濯機を回してしまうと、騒音が発生して近所トラブルに発展する可能性があります。しかし、コインランドリーであれば時間を気にする必要はありません。とくに24時間営業のコインランドリーであればユーザーの好きなタイミングで利用できます。

仕事で忙しい方や生活が不規則な方であっても、自分の時間が空いたときに洗濯ができるでしょう。

クリーニングよりも料金を抑えられるため

クリーニングは洗濯物の量が多いとそれだけ料金が発生します。とくに衣替えのシーズンなどはクリーニングにだすよりもコインランドリーを利用することで料金を抑えることが可能です。

そのほかにも自宅で洗濯することが難しい毛布やカーペットなどもコインランドリーであれば洗うことができます。よほど汚れが気になるものでなければ、クリーニングではなくコインランドリーを利用してもいいでしょう。

まとめ

今回はコインランドリー経営が注目される理由と、どういった人がコインランドリーを利用するのか詳しく解説しました。

コインランドリー経営の魅力は人件費が少なく済むことや、工夫次第でオーナーの手間を削減できるところにあります。

税金対策としてもコインランドリー経営について「詳しく知りたい」と思ったら、ぜひお気軽にご相談ください。

新着記事

コインランドリー経営の収入は?どのくらい儲かる?

コインランドリー経営を考えている方が一番気になるのは、やはり「どれくらい儲かるか」ではないでしょうか。経営するにあた…

コインランドリー経営における9つのデメリット

町中に必ずひとつはあるコインランドリーは、フランチャイズ経営の中でも人気のお店です。しかし人気を集める反面、経営の難…

コインランドリー経営に必須の防犯対策グッズを紹介

生活に密着した施設であるコインランドリーは、多くの人が利用します。安全に経営するには、防犯対策が必要です。対策をしな…

関連記事

コインランドリー経営の収入は?どのくらい儲かる?

コインランドリー経営を考えている方が一番気になるのは、やはり「どれくらい儲かるか」ではないでしょうか。経営するにあた…

コインランドリー経営における9つのデメリット

町中に必ずひとつはあるコインランドリーは、フランチャイズ経営の中でも人気のお店です。しかし人気を集める反面、経営の難…

コインランドリー経営に必須の防犯対策グッズを紹介

生活に密着した施設であるコインランドリーは、多くの人が利用します。安全に経営するには、防犯対策が必要です。対策をしな…

PAGE TOP