コインランドリー経営と不動産投資を比較!利益率がよいのはどっち?

空いた土地をどのように活用したら良いのか困った経験はありませんか?空いた土地を活用する方法として、コインランドリー経営や不動産投資があります。

両者ともに土地活用としては有効な方法ですが、維持コストや収益性、将来性などを見据えた際に違いがいくつかあります。

コインランドリー経営と不動産投資はどのような違いがあるのでしょうか?今回は、コインランドリー経営と不動産投資の利益率について解説します。

コインランドリー経営と不動産投資を比較

コインランドリー経営と不動産投資を比較する際、初期費用や開業までの準備、利回りなどの観点から比較することがポイントです。

どちらも立派なビジネスですが、利益の出方や維持にかかるコストや管理面での負担が異なります。

具体的にどのようなポイントを比較していけば良いのでしょうか?ここでは、コインランドリー経営と不動産投資をあらゆる側面から比較していきます。

初期費用

コインランドリー経営と不動産投資では初期費用に違いがあります。

コインランドリー経営にかかる初期費用ですが、総額で約2,500万円と考えておきましょう。

土地の整備費用はもちろん、電気工事や給排水管などにかかる費用が600万円から900万円ほど、看板や外灯など外装工事にかかる費用が200万円から300万ほど、乾燥機や洗濯機の導入費用で1,500万円から2,000万円ほどかかります。

一方、不動産投資の初期費用は、マンションやアパートを購入する段階からスタートするので費用帯はさまざまです。ほとんどのケースで金融機関からの融資によってスタートさせるので、金利や手数料などを確認しておく必要があります。

大まかな初期費用の費用目安は、約80万円から100万円と考えておきましょう。この費用のなかには、不動産仲介手数料や不動産投資ローンの事務手数料などが含まれます。事前に決まっている費用もあるため、状況に応じた費用を用意する必要があります。

ランニングコスト

コインランドリー経営と不動産投資に必要なランニングコストでも比較しておきましょう。長期に渡って継続的に運営していくには、このランニングコストが重要なポイントになります。

コインランドリー経営の場合は電気代やガス代、洗剤代を始めとする費用のほか、清掃や点検にかかる人件費も発生します。これらのコストは、コインランドリーを使用する人数の多さに限らず定期的に発生することになります。

不動産投資の場合は、壁や床の修繕費やクリーニング費用が主なランニングコストとなります。しかし、これらのコストは定期的にかかるものというより、入居者が入れ替わるタイミングで発生するケースがほとんどですが、備え付けの機械の劣化や故障などで急遽必要になる場合もあります。

コインランドリーと不動産とでそれぞれランニングコストはかかりますが、突発的な負担が少ないコインランドリーの方が収支計算はしやすくなります。

始め方

コインランドリー経営と不動産投資とでは始め方が異なるため、事前に両者を比較して検討するのがおすすめです。

コインランドリー経営では、フランチャイズで契約するのが一般的です。フランチャイズ経営することで、初心者の人でも経営に関するノウハウを熟知した本部からのサポートを受けながら経営できます。

周辺の住民の人口や環境などの立地調査も大切です。交通量や競合店の有無を事前に確認してから運営するか判断しましょう。その後、開業に必要な書類を作成して、実際に店舗の建設や施工していきます。

一方で不動産投資の始め方は、まずローン審査や収支の計算などの不動産経営に関する知識を学びましょう。この段階を踏むことで、次に行う資金の準備や不動産探しに役立てられます。

物件がある程度決まったら、物件を調査して建物の構造や周辺の環境をリサーチします。物件に関わる手続きを終えたら、ようやく入居者を募集していくことになります。

利回り

経営において利回りについて押さえておくことも大切です。利回りは、投資金額に対してどれくらいの利益を回収できるかを示すものです。コインランドリー経営の場合は約15%から20%の利回り、不動産投資の場合は約5%前後の利回りとされています。

利回りに関しては、コインランドリー経営の方が投資資金に対して高い収益性が見込めることになります。

税金面の優遇

ビジネスする上では、税金面での負担が大きくのしかかってきます。コインランドリー経営と不動産投資の税金面での優遇を比較する際、時価額が大きなポイントになります。

不動産は、沿線上に立地しているかどうかという点や公示価格といった時価で評価されますが、コインランドリーの場合は減価償却後の薄価で時価が決まります。そのため、減価償却後の評価額が下がることにより課税対象額も小さくなります。

このように、コインランドリー経営の方が税制面で優遇を受けながら節税対策ができます。

コインランドリー経営に向いている人

コインランドリー経営に向いている人は、どのような人なのでしょうか?資金集めや準備にかかる労力、継続的に管理していくことを考慮した上で、自分に対する向き不向きを検討しましょう。

ここでは、具体的にコインランドリー経営に向いている人の特徴について解説します。

利益率のよい投資を行いたい人

利益率のよい投資をしたい人は、コインランドリーの経営に向いています。コインランドリーは使用中どうしても時間が空いてしまいます。その時間を利用して用を済ませる人もいますが、店舗の中で待つ人も少なくありません。

現在では、コインランドリーの近くや併設されたスペースにクリーニング店やカフェをオープンし、時間を効率よく使えるような形態が増えています。このように、付加サービスを与えることによって利益率を上げて回転できます。

周辺地域に多くの人が暮らす土地や店舗を保有している人

周辺地域に多くの人が暮らす土地や店舗を保有している人も、コインランドリーの経営に向いています。コインランドリーの利用者が増えるとともに、当然利益も上がります。

そのため、所有している土地の環境に人が多い場合や、利便性のよいところは多くの集客を見込めます。

不動産投資に向いている人

不動産投資に向いている人は、どのような人になるのでしょうか?コインランドリー経営と同様に、資金や物件選び、様々な書類の準備を始め、その後の管理を見据えた上で向き不向きを検討しましょう。

ここでは、不動産投資に向いている人の特徴について解説します。

資金に余裕があり投資の知識・知恵がある人

資金に余裕があり投資の知識・知恵がある人は不動産投資に向いています。不動産投資は一度入居してもらうことでしばらく収益に困ることはありませんが、逆に空室状態が続くケースも考えられます。

そのため、資金に余裕を持たせられる上、投資するにあたって安定的な経営ノウハウを身につけている人におすすめです。

高い稼働率を維持できる人

高い稼働率を維持できる人も不動産投資に向いています。不動産投資は入居者がいない場合や家賃滞納などによって、家賃収入が得られないことを考慮しなければいけません。

そのため、人口が多い場所や駅へのアクセスが良好な立地にて運営すれば、常に高い稼働率を維持できる人におすすめです。

まとめ

この記事では、コインランドリー経営と不動産投資の利益率について解説しました。

コインランドリー経営や不動産投資はどちらも、土地を活用する上で有効な方法です。初期費用や準備にかかる時間や手間は発生するものの、条件次第では大きく利益を伸ばせます。

コインランドリー経営において自力での管理が難しい場合は、コインランドリーの運営代行会社に頼りましょう。そこで具体的な管理の仕方や、整備方法などのサポートを受けることをおすすめします。

新着記事

コインランドリー経営と不動産投資を比較!利益率がよいのはどっち?

空いた土地をどのように活用したら良いのか困った経験はありませんか?空いた土地を活用する方法として、コインランドリー経…

コインランドリー経営と駐車場経営を比較!それぞれどんな人に向いている?

土地活用の選択肢にはさまざまなものがありますが、なかでもコインランドリーと駐車場は「どちらを選ぶべきか」「土地柄やご…

コインランドリー経営、リピーターはどう増やす?

コインランドリーは、初回の来店で「よい」と判断されれば、繰り返し利用してもらえることの多い業態です。洗濯は日常的に発…

関連記事

コインランドリー経営と不動産投資を比較!利益率がよいのはどっち?

空いた土地をどのように活用したら良いのか困った経験はありませんか?空いた土地を活用する方法として、コインランドリー経…

コインランドリー経営と駐車場経営を比較!それぞれどんな人に向いている?

土地活用の選択肢にはさまざまなものがありますが、なかでもコインランドリーと駐車場は「どちらを選ぶべきか」「土地柄やご…

コインランドリー経営、リピーターはどう増やす?

コインランドリーは、初回の来店で「よい」と判断されれば、繰り返し利用してもらえることの多い業態です。洗濯は日常的に発…

PAGE TOP