コインランドリー経営と駐車場経営を比較!それぞれどんな人に向いている?

土地活用の選択肢にはさまざまなものがありますが、なかでもコインランドリーと駐車場は「どちらを選ぶべきか」「土地柄やご自身の目標に対してどちらが適しているのか」など、迷ってしまう人も多いでしょう。

コインランドリー経営と駐車場経営それぞれの特徴と違いを理解して、最適に活用方法を選びましょう。

今回は、コインランドリー経営と駐車場経営を比較し、どのような人に向いているのか解説します。

コインランドリー経営と駐車場経営を比較

コインランドリー経営と駐車場経営は、下準備・設備導入にかかる費用、運営を始めてからのコストや利回りなどの点で違いがあります。このようなポイントを押さえて経営を検討しましょう。

では、具体的にどのようなポイントを比較していけば良いのでしょうか?ここでは、コインランドリー経営と駐車場経営の比較について解説します。

初期費用

初期費用はいわゆる開業資金ともいえます。コインランドリーを経営する場合は、乾燥機や衣類バスケットなどの備品を導入しなければなりません。また、両替機やテーブルなどの備品も用意する必要があります。

コインランドリー経営は、土地の面積や店舗内の広さによって設置する乾燥機の台数などに差がありますが、開業にかかる資金はおよそ1,000万円から2,000万円になるのが一般的です。一方、駐車場経営の場合は、月極駐車場とコインパーキングとの2パターンにわけられます。

月極駐車場ではアスファルトを整備して、台数ごとに線引きや柵を設置すれば始められます。しかし、コインパーキングの場合は、精算機や車をロックするシステムの導入が必要で、月極駐車場に比べて開業資金は高くなります。

ランニングコスト

長期的な運営を見据える上で欠かせないのがランニングコストの算出です。

月極駐車場経営の場合は開業資金もさることながら、経営を始めて以降も人件費やリフォーム代などは必要ありません。そのため、経営のハードルは低くなり始めやすい土地活用といえます。

コインランドリー経営の場合は、店内の掃除や洗剤の投入、乾燥機のホコリ取りなど定期的に人が介入しないと維持できません。また、盗難の防止や落とし物管理なども必要のため、監視カメラや防犯システムの維持も重要になります。

始め方

駐車場経営は始めるにあたっていくつかの段階を踏んでスタートします。ステップとしては、駐車場として運用したい土地の調査や経営方法の選択、駐車場の施工があります。

場合によっては、管理の委託や利用者の募集をかけるなどの対応が必要になります。

コインランドリー経営の場合は、自力での運営やフランチャイズに加盟するなど運営方法を検討しましょう。その後、立地場所や費用の見積もり、店舗の施工などを進めていきます。

利回り

投資した額に対する収益の割合が利回りになります。コインランドリーを経営する場合、駐車場を経営する場合とどちらにしても平均的な利回りの目安があります。

コインランドリー経営の場合は約10%〜20%が平均的な利回り、駐車場経営の場合は約4%〜6%が平均的な利回りになります。この平均値から見る限り、コインランドリー経営の方が投資額の回収がしやすいでしょう。

税金面の優遇

何か経営して事業している以上税金が発生します。このコインランドリー経営と駐車場経営では、税金の仕組みに違いがあります。

とくに、小規模宅地の特例がそれに当たります。この小規模宅地等の特例は、条件をクリアした宅地の相続税の評価額を減額するというものです。

敷地内に構造物があることが条件のもと、駐車場では200平方メートルの50%減額、コインランドリーでは400平方メートルの80%減額を減額できます。この減額の割合から見ると、コインランドリー経営の方が税制優遇を受けられます。

コインランドリー経営に向いている人

実際に土地活用を考える際、コインランドリーに向いている人はどのような人になるのでしょうか?コインランドリー経営に向いているかどうかは、コインランドリー経営のメリットやデメリットを参考にするほか、収益面や長期的な運営を見据えて検討する必要があります。

ここでは、コインランドリー経営に向いている人の特徴について解説します。

収益性を重視したい人

収益性を重視したい人は、コインランドリー経営に向いているといえます。駐車場経営に比べて初期費用にかかる金額はかなり大きな差がありますが、利回りが10%〜15%程度と高い水準になります。そのため、投資額を回収できるスピードも速くできる可能性があります。

また、近年の異常気象による天気の急変や、共働き世代の増加などを理由に需要が高まっている傾向にあるのも魅力です。

コインランドリーとクリーニング店やカフェなどを併設して運営しているケースもあり、新たな客層の獲得やコインランドリーを利用中の時間を有効活用できるように工夫されています。

将来性のある分野で経営したい人

将来性のある分野で経営したい人にも、コインランドリー経営は向いています。家族の人数や世帯数に限らず生活に必要不可欠な分野であり、景気の動向に左右されにくいことから今後も成長が期待できるでしょう。

また、価格や内装などで他店舗と差別を図れることから、オリジナリティのある経営が可能です。

駐車場経営に向いている人

対して駐車場経営に向いている人にはどのような特徴があるのでしょうか?駐車場経営においてもそのメリットやデメリット、長期的な運用を考慮して検討していく必要があります。ここでは、駐車場経営に向いている人について解説します。

極力コストを抑えたい人

駐車場経営は、初期投資から運営も含めてなるべくコストを抑えたい人に向いています。駐車場の敷地の面積によって金額は左右しますが、一括借上げの利用で0円から経営できます。

また、駐車場の土地の整備から実際に経営を始めるまでの準備期間も短く、1ヶ月程度で開業できるため手軽に開業したい人にも駐車場経営は向いています。

投資効率をそこまで気にしない人

投資効率をそこまで気にしない人も駐車場経営に向いています。駐車場経営はコインランドリー経営と比べて収益性が低く、準備にかかる費用は少ないがリターンも少ないビジネスです。

また、都心や市街地だとコインパーキングや月極駐車場の数が多く、価格競争に巻き込まれやすいのが現状です。そのため、大きな収入を見込まずに気軽に始めたい場合は、駐車場経営が向いているといえます。

まとめ

この記事ではコインランドリー経営と駐車場経営を比較して、どのような人に向いているのかを解説しました。

駐車場経営もコインランドリー経営も立派なビジネスです。土地活用を検討している際には、必ず両者の特徴や運営し始めてからのイメージを掴み、自分に合った活用方法を選択しましょう。

また、コインランドリー経営において自力での運営が難しい場合は、コインランドリーの運営代行会社に頼ってみましょう。定期的な清掃や、消耗品の交換などのサポートを受けましょう。

新着記事

コインランドリー経営と不動産投資を比較!利益率がよいのはどっち?

空いた土地をどのように活用したら良いのか困った経験はありませんか?空いた土地を活用する方法として、コインランドリー経…

コインランドリー経営と駐車場経営を比較!それぞれどんな人に向いている?

土地活用の選択肢にはさまざまなものがありますが、なかでもコインランドリーと駐車場は「どちらを選ぶべきか」「土地柄やご…

コインランドリー経営、リピーターはどう増やす?

コインランドリーは、初回の来店で「よい」と判断されれば、繰り返し利用してもらえることの多い業態です。洗濯は日常的に発…

関連記事

コインランドリー経営と不動産投資を比較!利益率がよいのはどっち?

空いた土地をどのように活用したら良いのか困った経験はありませんか?空いた土地を活用する方法として、コインランドリー経…

コインランドリー経営と駐車場経営を比較!それぞれどんな人に向いている?

土地活用の選択肢にはさまざまなものがありますが、なかでもコインランドリーと駐車場は「どちらを選ぶべきか」「土地柄やご…

コインランドリー経営、リピーターはどう増やす?

コインランドリーは、初回の来店で「よい」と判断されれば、繰り返し利用してもらえることの多い業態です。洗濯は日常的に発…

PAGE TOP