コインランドリー経営の収入は?どのくらい儲かる?

コインランドリー経営を考えている方が一番気になるのは、やはり「どれくらい儲かるか」ではないでしょうか。経営するにあたって、収入の目安を知りたいと思うのは自然なことです。

そこでこの記事では、コインランドリー経営で得られる収入目安についてご紹介します。

収入目安と一緒に、収益を増やす方法やコインランドリー経営で得られる効果についても詳しくお伝えしますので、この記事を読めば、コインランドリー経営で効率的に収入を得るヒントを得られるでしょう。

ぜひご参考として、コインランドリー経営にお役立ていただければ幸いです。

コインランドリー経営の収入目安

コインランドリー経営の収入は、個人経営とフランチャイズで変わりますが、平均すると月収は約60万円、年収は経費を引いて300~360万円程度が目安です。

コインランドリー経営は立地によって収益が大きく異なります。利用者の多い地域に出店して順調にリピーターを獲得していけばこの限りではありません。

注目したいのは、コインランドリーはサービスの利用料金をすぐに受け取れる「現金商売」であり、売掛金の回収に奔走せずに済むことです。さらに飲食店などと異なり、都度の仕入れにムダが発生しないのも特徴です。

またコインランドリーの経営は個人経営とフランチャイズがあり、それぞれ収入を得る方法が違います。全体の収入目安だけでなく、個人経営とフランチャイズ経営の目安も確認しておきましょう。

個人経営の場合

個人経営の場合、経費とローンを契約した場合はその返済額を除いたすべてが利益になります。よい立地に店舗を建てたうえで堅実に経営すれば、全体の目安額を得られるようになるでしょう。

しかし、個人経営は設備や店舗の管理をすべて自分で行わなくてはなりません。したがって、想像以上の手間と時間がかかります。現実的に考えて、経営上自分がどこまでできるか考えたうえで取り組まなければ、利益を逃す恐れもあります。

フランチャイズ経営の場合

フランチャイズ経営の場合、加盟金・保証金・ロイヤリティが必要です。経営を始めるには、加盟金・保証金を用意し、コインランドリーが稼働し始めたら、企業が決めた期間の売り上げを渡す必要があります。

金額はそれぞれ企業により違いますが、加盟金は約50~300万円・保証金は100万円・ロイヤリティは売り上げの5~10%の金額が目安です。企業により一部の費用が設けられていないところもありますが、リース契約などの条件があります。

フランチャイズは屋号が統一され、売り上げを決められた期間ごとに渡さなくてはならないため、抵抗を感じる方もいるかもしれません。しかしフランチャイズ経営なら、コインランドリー経営についてのノウハウをもった企業の経営支援を受けられます。

また、フランチャイズと近しいサービスとして運営サポート会社という選択肢もあります。運営サポート会社は業界のノウハウに長けている点ではフランチャイズと同様ですが、加盟金の支払いやフランチャイズ店舗一律の規定などがありません。自社に合わせたサポートを受けられるため、自由度が高くなるのが特徴です。

コインランドリー経営で収入を増やす方法

コインランドリー経営で目安金額またはそれ以上の収入を得るには、準備段階から工夫しなくてはなりません。コインランドリー経営で収入を増やすためのポイントを解説します。

立地を吟味する

コインランドリーは利用者数が多ければ多いほど収入が増えます。収入を増やしたいなら、コインランドリーの需要が高い立地を選びましょう。

コインランドリーの集客範囲は、大体2km圏内です。住宅街や集合住宅に近い場所や、スーパーや商業施設に近いところなどを選びましょう。駐車場を確保できる広さがあるところもおすすめです。

さらに収入を得たい場合は、立地候補を複数用意しましょう。また、気になる土地の近くにコインランドリーがあると、その店舗と利用者を取り合うかたちになるため、利益に影響が出ます。どんなによい立地でも、先にコインランドリーがある場合は避けましょう。

店舗の外装と内装を大切にする

コインランドリーは、洗濯物を扱う場所です。精査的で不衛生なイメージをもたれてしまうと、客足が遠のきます。店舗の外装と内装は、清潔で解放感あるものにしましょう。リピーターは利益を増やすのに欠かせない要素です。利用者が足を運びやすい雰囲気を心がけてください。

コインランドリーのターゲット層は、主婦や若い世代の人たちです。内容が外装を決める際は、ターゲット層から好印象をもらえるようなデザインを意識しましょう。また、清潔な印象にはこまめな清掃も重要です。

最新設備や独自の設備を導入する

設備投資も収入アップに必要な要素です。洗濯機には、花粉や菌類を取り除く機能や、布団や毛布などを丸洗いできる機能など、さまざまな機能があります。常に最新設備に注目し、集客を望めるものを導入しましょう。

設備はただ設置すればよいものではありません。使ってもらえるよう、新しい設備の宣伝も欠かさず行いましょう。店内の張り紙やチラシなどによる告知が有効です。設備のこまめな導入と宣伝を行えば、利用者を確保しやすくなります。

また、待ち時間を快適に過ごせるよう、冷暖房や自販機などを入れるのもおすすめです。洗濯に直接関係する設備だけでなく、時間を有意義に活用できる設備も検討しましょう。

コインランドリー経営の収入に関する知識

コインランドリー経営には、さまざまな効果があります。節税対策や安定した収入を得られるなど、多くの人に魅力的な効果ばかりです。

最後に、コインランドリー経営で得られる効果について解説します。経営における目的や計画を立てるのにお役立てください。

節税効果がある

コインランドリー経営は、小規模宅地などの特例で400㎡に対して80%減税されます。アパート経営だと200㎡に対して50%の減税となることを考えると、この減税分はとても大きいです。

土地をもっていて、もて余している場合は、そのまま相続するよりもコインランドリーを建てて経営したほうが相続税などを抑えられます。対策をしておけば、いざというときでも安心です。相続税対策として土地利用を考えている方にも、コインランドリー経営はおすすめです。

安定した収益が見込める

洗濯は人が生活するうえで欠かせないものです。ほぼ毎日・毎週行われるため、定期的な収入が見込めます。また、コインランドリーの大半は先払いで利用するので、料金未回収のリスクもほとんどありません。

立地を吟味し、適切に運営すれば、毎月まとまった収入を得られるようになります。先ほど開設した相続税対策として、お金を用意するのにも有効です。また、コインランドリー経営は副業としても役立ちます。

コインランドリー経営は、生活費を得る手段としてだけでなく、万が一のときのためのお金を用意するのにも役立ちます。安定した収入を得たい方や、心配事に備えるお金がほしい方にも、コインランドリー経営は役立つ手段です。

利回りがよい

コインランドリーは立地にもよりますが、大体8~10%ほどの利回りを得られます。利回りがよいのは、定期的なメンテナンスが少なく、賃貸のように入居者募集などが必要ないためです。

コインランドリーは初期投資に数千万円かかりますが、堅実に運営すれば10年以内に初期投資費用を回収できます。初期投資をできるだけ早く回収したい方や、大赤字などのリスクを回避したい方は、ぜひコインランドリー経営をご検討ください。

まとめ

コインランドリー経営は、うまく運用すれば月に30~60万円もの収入が得られるようになります。利益を出すポイントを押さえて運用すれば、目安額よりも高い収入を得ることも可能です。

コインランドリー経営は経営方法により得られる収入額が違うため、経営を検討する際は、経営方法にも注目しながら選びましょう。

新着記事

コインランドリー経営の収入は?どのくらい儲かる?

コインランドリー経営を考えている方が一番気になるのは、やはり「どれくらい儲かるか」ではないでしょうか。経営するにあた…

コインランドリー経営における9つのデメリット

町中に必ずひとつはあるコインランドリーは、フランチャイズ経営の中でも人気のお店です。しかし人気を集める反面、経営の難…

コインランドリー経営に必須の防犯対策グッズを紹介

生活に密着した施設であるコインランドリーは、多くの人が利用します。安全に経営するには、防犯対策が必要です。対策をしな…

関連記事

コインランドリー経営の収入は?どのくらい儲かる?

コインランドリー経営を考えている方が一番気になるのは、やはり「どれくらい儲かるか」ではないでしょうか。経営するにあた…

コインランドリー経営における9つのデメリット

町中に必ずひとつはあるコインランドリーは、フランチャイズ経営の中でも人気のお店です。しかし人気を集める反面、経営の難…

コインランドリー経営に必須の防犯対策グッズを紹介

生活に密着した施設であるコインランドリーは、多くの人が利用します。安全に経営するには、防犯対策が必要です。対策をしな…

PAGE TOP