コインランドリーの開業で失敗しないフランチャイズの選び方

近年、共働き世代の増加によりコインランドリー経営が注目を集めています。副業でコインランドリー経営を行う場合、個人経営よりフランチャイズ経営の方が失敗のリスクが低くなります。

出店計画、店舗運営、集客、広告宣伝などで、フランチャイズ本部の経営ノウハウを活用できるからです。今回は、コインランドリーを開業する場合のフランチャイズの選び方や、メリット・デメリットについて解説します。

コインランドリー開業におけるフランチャイズの選び方

フランチャイズでのコインランドリー経営を成功させるには、フランチャイズ本部の選び方が重要です。フランチャイザー選びで注意すべきポイントは、以下の通りです。

初めてフランチャイズ経営をする方や「コインランドリー経営できちんと利益を出せるかどうか心配」いう方は参考にしてみてください。

実績は豊富か

フランチャイズを選ぶ際に、フランチャイズ本部がきちんとコインランドリー経営の実績を確認することが重要です。

フランチャイズに加盟する前に、加盟店舗数がどのくらいあるか、フランチャイズ経営の実績をどのくらいもっているかなど、店舗の営業状況をきちんと調べておきましょう。

明確な料金体系か

コインランドリーを開業するには、一定の初期費用と月々の費用が掛かります。ほかにも工事費、洗濯機や乾燥機などの機器代、店舗の内装・外装工事費などが必要です。

フランチャイズを選ぶときは店舗経営にかかる費用のほか、フランチャイズ加盟金やロイヤリティの割合についても明確に提示されているかどうかを確認しましょう。

また、開業する前には、安定して利益を出せるよう詳細な収支シミュレーションを行ってもらいましょう。収支シミュレーションを行えば資金繰りの予定を立てたり、経営の方向性を決めるための基準になったりとメリットが多いです。

サポート体制は充実しているか

コインランドリー経営は資格や免許が要らず未経験からでも始めやすいですが、開業後に利用者からの問い合わせや機器の故障などに対応しなくてはならない場合があります。コインランドリーの開業が初めてなのであれば、自分ですべて対応するのは難しいでしょう。

そのため、開業支援だけでなくアフターフォローやサポート体制が充実しているフランチャイズを選ぶようにしましょう。機器のメンテナンスや問い合わせ対応の代行などのサポートも行ってくれるフランチャイズだと安心して運営できます。

購入、リースといった洗濯機や乾燥機など機器の導入方法、保証制度も含めて確認しておくといいでしょう。

出店したい地域に詳しいか

コインランドリー経営で利益を出すには出店場所、出店計画次も重要です。そのため、コインランドリーを出店する地域での需要はどのくらいあるか、どのくらいの利益を見込めるか、周辺に競合店舗はないかなど出店したい地域に詳しいフランチャイズ本部とパートナー契約を結ぶのが理想的です。

店舗でトラブルが生じた場合、地域密着型のフランチャイズならすぐに駆けつけて対応してもらうこともできます。トラブル対応の早さは、顧客満足度や集客率につながるため、出店したい地域に詳しいフランチャイズや、地域密着型のフランチャイズを選ぶとよいでしょう。

提案内容は的確か

コインランドリー経営を成功させるには、集客を行う必要があります。出店したい店舗の周辺環境、世帯調査や人口分布などの調査を行い、その需要に応じた供給をすることが大切です。適格な出店場所や店舗設計、機材選定を提案してくれるフランチャイズかどうかをきちんと吟味しましょう。

提案したプランが充分な事実や根拠に基づいているかどうか、多くの成功実績があるかどうか、金額に具体性があるかなどを丁寧に説明してくれるフランチャイズを選定するようにしましょう。

フランチャイズを利用して開業する場合

コインランドリーを経営するのに必要なのは日々の清掃や店舗のメンテナンスのほか、家賃や光熱費の支払いくらいで、基本的には無人で営業できます。商品在庫を抱えるリスクもないので、ランニングコストを抑えることができます。そのため、未経験の人でも始めやすい副業といえるでしょう。

フランチャイズ経営なら、開業前の周辺地域の調査や経営にあたってのプランニングを行ってくれます。月々固定の額や、売り上げに応じた額のロイヤリティを支払わなければなりませんが、安定した利益が見込め、時間を有効に活用できます。

ここでは、コインランドリー開業のメリットとデメリットをお伝えします。

メリット

コインランドリーは、基本的に無人経営のため、人件費がかからないのは大きなメリットでしょう。清掃やメンテナンスが必要な場合もありますが、ほかの業種と比べて圧倒的に人件費が安いため、運営資金を設備費用や賃料に回せます。

また、店舗に足を運ぶ必要があるのは集金や清掃、機器のメンテナンス、店舗の見回りのときのみなので、多くの時間を別の業務や仕事に充てられます。さらに、フランチャイズ本部の中には、清掃や集金・問い合わせ対応などを代行してくれるところもあります。時間を有効活用したい方におすすめです。

また、支出に対して利益が多いのもコインランドリーならではの特徴といえます。既に所有している土地やテナントにコインランドリーを出店する場合は、必要経費は水道・電気・ガスなどの光熱費と、洗剤や柔軟剤などの仕入れのみです。したがってコインランドリーの経営は利益率が高いといえます。

デメリット

コインランドリーを開業するには、高い初期投資が必要になります。洗濯機や乾燥機などの機器設備費用や店舗の内装・外装工事費用など、初期にかかる費用はほかのフランチャイズ事業よりも高めです。自己資金を用意できるかどうか、できない場合はリースや借り入れで賄えるかなどをよく考えましょう。

まとめ

この記事では、コインランドリーを開業する場合のフランチャイズの選び方や、メリット・デメリットについて解説しました。

コインランドリーを経営するなら、開業・運営サポートの充実した会社とともに始めるのがおすすめです。フランチャイズ本部の経営ノウハウを活用できるだけでなく、開業前の店舗立地・物件選びや出店場所周辺の調査とそれに見合った事業計画を行ってくれるので、コインランドリー経営が初めての方でも、顧客満足度の高いサービスを提供できます。

フランチャイザーを賢く選び、コインランドリーをフランチャイズ経営しましょう。

新着記事

コインランドリー経営において周辺施設には何があると集客しやすい?

コインランドリーはいくら設備が整っていても、立地が悪いとリピーターを獲得するのが難しく、安定した収益を上げられない場…

コインランドリー経営に将来性はある?難しいとされている理由は?

近年ではコインランドリーの市場が伸びていることから、新たな事業としてコインランドリーの経営を始めようと考えている方も…

コインランドリー経営で起こる可能性のあるトラブルと対処法

コインランドリーは設備さえ整っていれば、スタッフを雇わなくても運営でき、専門的な資格を必要としないため、独立や起業を…

関連記事

コインランドリー経営において周辺施設には何があると集客しやすい?

コインランドリーはいくら設備が整っていても、立地が悪いとリピーターを獲得するのが難しく、安定した収益を上げられない場…

コインランドリー経営に将来性はある?難しいとされている理由は?

近年ではコインランドリーの市場が伸びていることから、新たな事業としてコインランドリーの経営を始めようと考えている方も…

コインランドリー経営で起こる可能性のあるトラブルと対処法

コインランドリーは設備さえ整っていれば、スタッフを雇わなくても運営でき、専門的な資格を必要としないため、独立や起業を…

PAGE TOP