引っ越しで多い荷物のトラブル、業者で預かってくれない場合

トラブル

業者の一時預かりサービスを利用する

引っ越しをするにあたって、思ったよりも荷物が多かったという感想はしばしば聞かれます。押し入れの中に眠っていたものも含めると、かなりまとまった量になることも珍しくありません。そして引っ越し先に持っていったはいいものの、収納しきれないというトラブルもしばしば発生します。こうなるとリビングなど各部屋にいつまでも段ボール箱がたまってしまい、整理整頓が進まないこととなります。もしたくさんの荷物がそのままになっていると動線を確保するのが難しく、日々の生活に不便を感じてしまうこともあるでしょう。

もし自分の家は荷物が多そうだと予測しているのであれば、一時預かりサービスを実施している業者の中から依頼先を絞り込みましょう。これは文字通り、業者の方ですぐには使わない荷物を一時的に預かってくれるサービスです。

こちらのプランは、自宅を建て替える時なども活用できます。自宅を建て替えたり、大掛かりなリフォームをする時は別のところに仮住まいを確保しなければならないケースもあるでしょう。この場合、あくまでも一時的な引っ越しなので、自宅にあるものは全部持っていかない、必要最低限のものだけ持っていくという人もいます。そのような時は一時預かりサービスを活用して、搬出しない家具などを預けてみるのも選択肢になります。

その他にも退去と入居のタイミングにずれが生じることもあります。部屋を出たはいいけれども引っ越し先にまだ前の住民が住んでいる場合、荷物を持ち込めないトラブルが生じます。このような時にも一時預かりを使ってみるのがおすすめです。

引っ越し業者を利用するデメリット

引っ越し業者の一時預かりサービスは、作業とセットで依頼できます。このため、余計な手続きをすることなくお願いができるのはメリットです。引っ越しの際には荷造りや役所などへの届け出といろいろなことをこなしていかなくてはなりません。できるだけ余計な手続きはしたくないという人におすすめです。引き取りだけでなく、自宅に入れる際の配送もワンセットでお願いできる場合がほとんどです。しかし業者にお願いをする場合、いくつか注意すべき点もあります。

まず大きいのは、荷物の自由な出し入れを認めていない業者が多い点です。出し入れができても、そのたびに手数料がかかることもあります。後々トラブルにならないためにも、具体的なサービス内容をあらかじめ確認しておくことが大切です。また、保管方法についてもチェックしておきましょう。業者によってサービス内容は異なるので一概には言えませんが、2日程度の場合トラックにそのまま保管というところもあります。そして1週間程度であればコンテナの中で保管することも多く、そこまで温度や湿度のケアが期待できないことも考えられます。そのため美術品や革製品などカビが生えるようなトラブルが起こりやすいグッズは預けないようにしましょう。もともと業者が受け付けていないケースも見られます。

さらにこの一時預かりですが、すべての引っ越し業者で行っているものではありません。大手のところは結構行っていますが、中小の会社であれば行っていないケースも多いので、サービスをやっているかどうかも事前に調べておくことが求められます。

一時預かりのない場合にはトランクルームを活用しよう

荷物が新居に入らない、業者に相談したところ預かりサービスを行っていないというトラブルも十分起こりえます。そのような場合、部屋に入らない荷物はトランクルームに預けるのがおすすめです。荷物を一時的に避難させる方法として利用できます。

トランクルームには、いろいろなタイプがあります。大きく分けて屋外型と屋内型の2種類に分類できますが、屋外型の場合、コンテナの中で保存する形になります。一方屋内型の場合、湿度や温度などの管理もしっかりしているところが多くなっています。24時間空調を稼働させることでコンディションを一定に保っているところなら、カビ対策などもしっかり行えるでしょう。

またセキュリティもしっかりしているところが多いのも魅力です。防犯カメラが24時間監視していて、不審人物が出入りしたり、何かおかしな行動をしたりすると警備員がすぐに駆け付けてくれます。その他には専用のカードを契約者に渡すことで、第三者が侵入できないシステムになっているところも見られます。トランクルームに預ける場合、自分の大事な荷物を盗まれたらどうしようと思う人もいるでしょう。その場合はセキュリティ対策が万全なところに預けると安心です。

万が一盗難に遭ったり、自然災害などで預けていた荷物が損傷したりした場合には保証制度を用意しているところもあります。このようなサービスが充実したトランクルームであれば、引っ越しなどの荷物も安心して任せられます。もし荷物が部屋の中に入らなければ、このようなトランクルームで一時的に預けることも検討してみるといいでしょう。

新着記事

コインランドリーの売上を上げたい!効果的なポイントを説明します

342西保木間店_外観

コインランドリー経営の特徴は、無人経営ができることです。働き手を確保する必要がなく、人件費もかからないビジネスとして近年…

コインランドリーの開業に必要な初期投資はいくら?

241_欠真間店_外観

コインランドリー経営は、働く女性や核家族化の増加に伴って需要が伸びている注目のビジネスです。無人経営が可能で人件費が…

コインランドリー開業までの流れと注意点を解説

317田園調布店_外観

狭いスペースでも開業でき、機器さえ置いておけば消耗品の補充とメンテナンスだけで経営を維持できるコインランドリーは、「手間…

関連記事

PAGE TOP