コインランドリーの節約術について解説

コインランドリーでの節約は工夫次第

たまに街中でコインランドリーを見かけて、家に洗濯機があるのにわざわざコインランドリーを使うなんて勿体ないと思っていませんか。 確かにコインランドリーは一度に数百円はかかります。

しかし、実はコインランドリーを活用することによって日頃の洗濯にかかってお金や時間を節約することができます。 今回は、そのコインランドリーの節約術についてご紹介いたします。

第一にコインランドリーを活用することで時間の節約ができます。 コインランドリーに置いてある機器では洗濯と乾燥が同時に行えるものがあります。

洗濯物を干して乾かすというのは意外に時間が取られてしまうため、洗濯と乾燥を一気に済ませることができます。

そして、自宅の洗濯機と比較して一度に大量の洗濯を済ませられるのも利点です。 現在、多くのコインランドリーで置かれているのは、大量に洗濯ができる大型洗濯機です。

大型の洗濯機を活用することで、洗濯をする時間が取れずにため込んでしまった時に自宅の洗濯機を何度も回すよりもずっと効率良く洗濯をすることができます。 これらの方法でコインランドリーを活用することで時間の短縮をすることができ、浮いた時間で様々なことができるようになるでしょう。

クリーニング任せだった洗濯物もコインランドリー利用で節約

お布団や毛布など自宅で洗うのが困難な洗濯物は、全てクリーニングに依頼しているという人にとってもコインランドリーを活用することで節約することができます。 クリーニングとコインランドリーはそれぞれに特徴があります。

両者の違いを理解したうえで必要に応じてコインランドリーを利用すれば、クリーニングよりも安価で済ませられますので結果的に節約が実現できます。 クリーニングは、自宅で洗っても落ちない汚れがついてしまったり、アイロンがけなど見た目の美しい仕上がりが必要だったりするときに役立ちます。 スーツやドレス、革製品などを洗いたいならクリーニングにお任せするのが一番です。

一方、コインランドリーは、自宅の洗濯機に収まりきらないような大きなものを洗って乾燥したり、一度にまとめて洗濯を済ませてしまいたいという状況に適しています。 そのため、毛布や布団の洗濯であればクリーニング店ではなく、コインランドリーを使うことで安くお得に洗濯することができます。

特に毛布は、一度に何枚かまとめて洗濯と乾燥が済んでしまうので、自宅で一枚一枚洗うよりも時間がかかりませんしコストダウンにもなります。 布団も、アレルギー持ちの家族がいたり梅雨で湿気が気になったりする人にとっては、手軽に乾燥までできるのが役立つかと思います。

また、クリーニングだと即日返却が難しい場合がありますが、コインランドリーなら布団一枚につき約一時間あれば終わりますので、替えがなくて急いでいるときの心強い味方となってくます。

一人暮らしならコインランドリーの使用で節約可能か

一人暮らしを始めるにあたって、生活必需品の一つにあたるのが洗濯機です。しかし一人暮らしの場合、仕事の都合で夜の遅い時間帯にしか洗濯ができない、天気が良くても物騒だからベランダに洗濯物を干せない、など洗濯についての悩みは尽きません。そんな人たちの救世主とも言えるのが、コインランドリーの存在です。

深夜でも洗濯ができるので、周囲に生活音の気遣いをする必要がありません。また、平日に洗濯をする余裕がなくても、休日に短時間でまとめて済ませられるため助かります。部屋が狭くて洗濯物を干すスペースがあまり取れない場合も、乾燥まで終わらせられるので問題ありません。そもそも初めての一人暮らしは、揃えるものが多く出費がかさみます。しかしコインランドリーを利用するならば、洗濯機購入費を節約できるため出費を抑えられます。個人の生活状況によって、水道や電気などの光熱費や洗濯機の維持費と、コインランドリーの使用料金とではどちらが節約になるのかは差がありますが、まとめて洗濯をするタイプの人であれば、どちらかと言うと後者が節約の近道となります。

現在のコインランドリーは目覚ましい進化を遂げていて、カフェやトランクルームを併設しているところも登場しています。ほかにも女性専用だったり、24時間利用可能だったりと、使う側の目線に立ったさまざまな工夫がなされてきています。一人暮らしでも洗濯が苦痛でなくなり節約もできますので、これから一人暮らしを始める人は選択肢の一つとして検討してみてください。

アイディアを駆使して料金を節約することもできます。例えば、乾燥の際に乾いたバスタオルを一緒に入れると、バスタオルが他の洗濯物の水分を吸収してくれますので乾燥時間の短縮と料金の節約につながります。また、自宅で少しだけ干した洗濯物の乾燥であれば、料金を抑えられるうえに乾燥機ならではのふんわりとした柔らかい仕上がりになります。あるいは大量の洗濯物を乾燥させるときに、薄手の衣類を途中で取り出して中身を減らして乾燥を早めるという方法もあります。

そのほかにも、洗濯物の中にティッシュが紛れ込んでいるのに気が付かず洗って真っ白になってしまったら、濡れた状態の紙くずがついたままの洗濯物を乾燥させるときれいに取れるという裏技のような使い方もできます。

コインランドリーを上手く使ってお金と時間の節約に役立ててみてください。

新着記事

コインランドリー開業までの流れと注意点を解説

317田園調布店_外観

狭いスペースでも開業でき、機器さえ置いておけば消耗品の補充とメンテナンスだけで経営を維持できるコインランドリーは、「手間…

コインランドリーのオーナーは儲かる?現在の市場を分析!

コインパーキングやトランクルームをはじめとした無人の店舗経営で収益につなげるビジネスは多く存在します。そのな…

コインランドリー経営をフランチャイズで行うための基礎知識

家事の省力化・時短ブームによって、洗濯を自宅でせず、週末にコインランドリーで一気に済ませる人が増えています。今後…

関連記事

コインランドリー開業までの流れと注意点を解説

317田園調布店_外観

狭いスペースでも開業でき、機器さえ置いておけば消耗品の補充とメンテナンスだけで経営を維持できるコインランドリーは、「手間…

コインランドリーのオーナーは儲かる?現在の市場を分析!

コインパーキングやトランクルームをはじめとした無人の店舗経営で収益につなげるビジネスは多く存在します。そのな…

コインランドリー経営をフランチャイズで行うための基礎知識

家事の省力化・時短ブームによって、洗濯を自宅でせず、週末にコインランドリーで一気に済ませる人が増えています。今後…

PAGE TOP